車検を通さないとどうなる?

車検は公道上を走るためには必ずクリアしていなければならないものなのですが、稀に車検時期を忘れてしまったり、入院や長期にわたって日本にいないなどの理由で車検時期に車検を受けることができない場合があります。

 

理由はどうあれ、車検を受けないとどうなるのでしょう。

 

車検はあくまでも公道を走る上で必要なもので、車検が切れたとしても公道を走らなければ何のおとがめもありません。

 

サーキットしか走らないレーシングマシンに車検がないのはそのためです。

 

では、その車で公道を走ってしまったらどうなるのでしょう。

 

車検ととおしていない車を公道上で運転すると無車検車両を運転したということで6か月以下の懲役か30万円以下の罰金に処され、更に自賠責保険もきれているはずですから無保険車を運転したということで1年以下の懲役か50万円以下の罰金となります。

 

免許的にも無車検車運転で6点減点、無保険車運転で更に6点減点で合計12点減点で即90日の免停処分となります。

 

車検を通していない車を運転しただけでこんなに厳しい処罰が課せられるのには、交通安全を願ってのことなのですが、これは表向きの話であって、実は全く違う理由があるのです。

 

車検を行うということは同時に重量税を払うということとそれまでに自動車税を払っていなければならないということです。

 

たとえば、納付書を送って税金を払ってくださいといっても中には払ってくれない方もいるはずですが、公道を走ってもいい権利と引き換えにすれば誰もがすすんで税金を払ってくれるのです。

 

国にとって車検制度ほど確実に税金を払ってもらう機会はないのです。

 

だから無車検車に対する罰則が以上に厳しいのです。