車検を安くする方法

車検というものは、国の管理下で行うことですので、車検を受ける場所や方法などにとって費用が違うということは基本的にはありません。

 

検査手数料も行う検査の種類によって一定ですし、重量税も車の重量が大幅に変わらなければその重量にあわせた金額となります。

 

自賠責保険も掛ける年月にあわせて一定のものとなっているので、はっきりいってどこの車検場でもどこのディーラーでもどこの整備工場でも全く同じ金額となるのです。

 

しかし、現実的にはやる場所によって金額の差があることが多いのですが、その金額差を生み出しているのが、車検整備費用と代行費なのです。

 

車検整備費用というのは、その車が車検を通るように整備してもらうときに支払う整備費用で車検にとおるかどうかを判断する事前検査費用も含まれます。

 

この費用が一番かからないのがユーザー車検という自分で車検を行うことで、特に整備しなくてもいい場合は一戦もかかりません。

 

しかし、たとえばブレーキパッドが減っているとか、クーラントが少なくなっているという場合は自分でそれらのパーツや補充液を購入しなければならなく、それらにお金がかかります。

 

更にブレーキパッドを交換したり、クーラントを補充する作業を伴います。

 

実はそのパーツ代や作業の手間が車検整備費用というものなのです。

 

最近ではそういった整備を選んで行うこともできるところも増えており、昔よりはだいぶ安く済むようになりました。

 

そしてもう一つの代行費用というのは、書類を集めたり作成したりするときの手間賃や持ち込み車検であれば実際に車検場に車を持ち込んだ時の人件費などが含まれているのですが、ほとんどの場合はこれがその整備工場の利益となることが多いようです。

 

これら二つの費用をどこまで安くできるかというのが車検を安くするキーポイントとなります。