車検の概要

自動車を運転する以上、「車検」は避けては通れないものですが、この車検というものはどんなものなのでしょうか?

 

「車検」という言葉は略語であって、正式には自動車検査登録制度といいます。

 

これは道路運送車両法に基づいて登録された自動車が保安基準にちゃんと適合しているかどうかを検査するのが通称「車検」と呼ばれるものです。

 

日本の車には厳しい保安基準があり、よく聞くタイヤのはみ出しや車高、マフラー音量のほかにも、外形寸法やヘッドライトの明るさ、ウィンドウの透過率、灯火類の数や位置まで事細かく決められています。

 

その基準をちゃんとクリアしているのかを調べるのが主な目的なのですが、勘違いしてはいけないのが改造を防止するだけがこの車検役割ではないのです。

 

自動車を長い期間使っていれば、経年劣化などであちこちが傷んできます。

 

場合によっては、マフラーに穴が開いて排気ガスが途中からも漏れ、そこから大きな音が発生しているかもしれませんし、バルブの劣化によって夜間の視界がまともに確保されていないかもしれません。

 

本来はこういった車の経年劣化や不調などによって安全に運転できない状態にならないようするのが車検の目的なのです。

 

とかく派手なドレスアップをする方やチューニングをする方は車検を嫌がりますが、これがあるからこそ他人が運転する車の隣を安心して走ることができるのです。

 

車検は各地にある車検場か国土交通省に認定された検査員がいる認定修理工場などで行われます。

 

頻度は、一般的な乗用車で見ると、新車時初めて登録した時は3年後、それ以降は2年後ととなり、それぞれ12か月の定期点検と同じ時期となります。

 

必要なものは、車検証と自賠責保険証、自動車税納税証明書の各書類と認印、手数料、新規の自賠責保険料、自動車重量税などのためのお金が必要となります。

車検のチェック項目

車検はこの車が国が定める保安基準に合致しているかどうかを検査することですので、非常にさまざまな部分をチェックされます。

 

外見的なものから内部的なものまでいろいろなのですが、比較的よくみられる点を見てみましょう。

 

まずは外見、基本的には車検証に記載されている全長、全幅、全高より大幅に大きかったり小さかったりしてはいけません。

 

これに引っかかることが多いのがタイヤのはみ出しやエアロパーツによる全長や全幅、そして全高の増加です。

 

特に全高はちょっと派手なウィングなどを付けると簡単にオーバーしてしまうので気を付けた方がいいでしょう。

 

あとこれは寸法的なものではないのですが、鋭利な突起物も引っかかります。

 

これは寸法内に収まっていてもダメで、たとえばフロントバンパーにつけるカナードやレース用の牽引フックなどが付いていると検査をクリアできません。

 

それから最低地上高も90㎜より低いとクリアできません。

 

次に気を付けたいのが排気系パーツ、マフラーを交換していて騒音基準を超えているようであれば引っかかりますし、触媒を取り外すなどして排気ガス濃度が基準より濃いと再検査となります。

 

あと意外と厳しいのが灯火類、ヘッドライトの光軸や光量、色やテールランプやバックランプの明るさや色、フォグランプなどの光量や色、取り付け位置、数などかなり厳し目で見られることになります。

 

タイヤも減りや空気圧に加えて、ノーマルのサイズと大幅に違うときは厳しくチェックされます。

 

もちろんエンジンルームのオイル漏れや異音などもチェックされますが、意外とこの部分はチェックが甘いようです。

 

基本はドノーマルの状態で行えば、特に引っかかるようなことはありませんので、車を何もいじっていない方は一つの行事だと思っていればいいと思います。

 

車売るなら